忍者ブログ ティンクル☆くるせいだーすPSS
やる気のあるときも無いときも、毎日更新してる風愚痴日記(・ω・)
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34
プロフィール
HN:
awayuki
性別:
男性
自己紹介:
ゲームとかラノベとかをつらつらり
ゲーマータグ
応援ちう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

d4dcb677jpeg「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」
 観てきたー。
最近テレビで昔のシリーズを見たけど
ハリソンフォードも歳とったもんだなぁ。
(`・ω・´)ダガソレガイイ

話の流れは、インディが敵に捕まる→脱出→また捕まる
また脱出して遺跡に到着→謎を解いて脱出
という具合で、いつものインディといっていい
このシリーズが好きならば安心してお勧め出来る内容だ。

個人的に気に入ったシーンを三つ
・インディが底なし沼に沈みかけた時、
仲間に蛇をロープ代わり投げられたが
インディは蛇が苦手。
最後は仲間にコレは蛇ではないと説得されて脱出したところ。
昔からインディは蛇が苦手だったが、
時間がたってもやはりインディだということを実感した。

・やはりインディは鞭が似合う(`・ω・´)
インディといえば、鞭さばきの華麗さが一つのシンボルだろう。
今作もターザンのように梁に鞭を絡ませての移動や
敵との戦闘、仲間を助けるために絡ませるなど
インディといえば鞭の名手と思わせるほどの腕前を披露した。
インディに鞭を持たせれば、追い詰められた状況でも
きっと打破してくれると思わせる力がある。

・ラストの遺跡が空に飛ぶシーン
あれはすごかった。遺跡もそうだが、周りの土砂が舞い上がって
インディに当たりかけたり、地面に落ちてくるところまで表現していた。
こういうところは洋画ならではの表現だなぁ。
CGの迫力では洋画が飛びぬけていると改めて実感した。
(`・ω・´)ノ ホウガモガンバレ

まとめると。
インディシリーズが好きな人や、初めて見る人にもお勧めできる作品。
インディが自然や太古の遺跡に挑む勇士を是非見ていただきたい。


写真右は帰りに買った楽屋裏、今から読むことにする。

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あーまーぞーん
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]