忍者ブログ ティンクル☆くるせいだーすPSS
やる気のあるときも無いときも、毎日更新してる風愚痴日記(・ω・)
[924] [923] [922] [921] [920] [919] [918] [917] [916] [915] [914
プロフィール
HN:
awayuki
性別:
男性
自己紹介:
ゲームとかラノベとかをつらつらり
ゲーマータグ
応援ちう
ヨドバシ京都のタイムバーゲンで二千円だった
スーパーロボット超合金 アルトアイゼンを開封。

第一印象は、パッケージが小さいので
ボリューム不足なのかと思ってた。
実際に箱を開けると、アルトアイゼン本体と、
ステークとホーン用エフェクトパーツ、
平手用の両手首と、
魂STAGE用接続パーツしか無かったからなぁ。
でも実際に手に取って動かしてみると
それが間違いなことに気づいた。

一番のポイントは可動箇所がかなり多いことだ。
リボルビングステークのシリンダーは
引き出すことも回転させることも出来るし、
スクエアクレイモアのハッチも
差し替え無しで展開することが出来る。

アーマーに干渉しそうな肩や腕パーツは
左右の可動域が結構広く、
キッチリ溜めポーズをとることが可能。
さらに首、腰、足首には引き出し機構があり、
思い切って捻ることで更に表情をつけることが出来る。
特に足首は他のロボットに比べて大きいので、
その恩恵をかなり受けられると思う。
背面のスラスターは上下に可動し、
4基あるバーニアはそれぞれ独立可動しているのも◎

更に、ステークや脚部など金属パーツを
かなり多く使っているので、重量感がかなりある。
プラモや12cmフィギュアに慣れてしまっていたので、
可動のハッタリと相まってその存在感はとても大きい。

欠点は重量がありすぎて
魂STAGEでは支えられないことか。
突進がイメージされる機体で
折角ダイナミックなポーズをとれるのに
実に勿体無いと思う。
価格も、定価で5千ちょいと割引がきく店でないと
おいそれと買うことが出来ないのが痛い。
さらに言うならパッケージが不満かな。
特撮リボルテックみたいに中身が見れるようにすれば
もっとよく売れると思うのに残念だ。

良いとこ悪いとこ書いてみたけど、
財布が許すなら間違いなく買いな商品だと思う。
パッケージ写真と実際に手に取った時では
印象がガラリと変わるだろう。
このクオリティを維持できるなら
価格面では目をつぶってもいいかもしれないな。

はてさてヴァイスリッターはどうなるか。
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
あーまーぞーん
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]